いつもINFOHUBをご利用いただきありがとうございます。
5月25日から5月31日の間にiOSアプリ「INFOHUB」にて公開された様々な記事の中から、ユーザーの皆さまから多くの閲覧を集めた記事を記事ご紹介します。

1|アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが「Amazon創業の日」7月5日に退任と発表

米AmazonのCEOジェフ・ベゾス氏が、水曜日の年次株主総会で7月5日に最高経営責任者を退任し、現AWS CEOのアンディ・ジャシー氏にその座を引き継ぐことを発表しました。

ベゾス氏は今後も会長としてAmazonの重要な方針決定などに関わっていくとしており「新製品や新たな取り組みにエネルギーと関心を注げるエグゼクティブチェアマンの役割に就くことをとても楽しみにしています」と述べました。

2|簡単に幸せになる手段は「食」。幸福物質を刺激する、1000円で幸せになれる“食べ方”

「仕事を一生懸命頑張れば、幸せになれる!」

そう信じて、日々業務に勤しんでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし精神科医の樺沢紫苑さんは、「よくある“幸せになる方法”は、たいてい間違っています」と言います。

頑張っても幸せになれないなら、何をすることで幸せになれるのでしょうか…?

[PR]ビシネスニュースアプリ「INFOHUB」をダウンロードしよう


3|「次期MacBook Proが6月2日に発表される」というウワサ。カッコいい予想レンダリングも

ホントにこんなのだったら即買いしちゃう。

WWDCが6月8日に開催されると発表されたばかりで気が早いことこの上ないのですが、同イベントでは次期MacBook Proが発表される…かもしれません。

4|ビットポイントジャパン、NFT事業へ参入発表

国内暗号資産(仮想通貨)取引所「BITPOINT」を運営する株式会社ビットポイントジャパン(BPJ)が、NFTを活用した事業を開始することを5月24日発表した。

5|旧来、日本では「失敗しない企業文化」が勝ちパターンだった いまの変化の時代に必要なのは「正解」から「納得解」への変更

不確実な現代社会で求められる、今までにない新たな視点や、自分らしい価値で事業や仕事をしていく必要性。そんな時代において「0から1」を生み出すアートシンキングは、新規事業の創出につながる思考法として注目を集めています。そこで今回「起業したいひとのためのアートシンキング」の特別編として「偏愛と夢中でつくる事業 ~起業 × アート思考の可能性~」というテーマのトークセッションが開催されました。

6|「とりあえず3年」は守るべき? 第二新卒の転職タイミングの悩みをプロが解説|新R25転職 – キャリアづくりを楽しもう

社会人になるとよく耳にする「とりあえず3年」という言葉。

同じ会社に3年間は勤続していないと、社会人として認められない…そんなプレッシャーを感じて、転職したいと思いつつも尻込みしてしまっている第二新卒の方も多いと思います。

実際のところ、「とりあえず3年」は守るべきなのでしょうか。

この記事では、勤続年数が3年に満たない場合の転職への影響や適切な転職タイミングについて、YouTubeチャンネル「20代転職チャンネル」より抜粋してお送りします。

7|起業には強い意思、そして「道徳」「国語」「算数」が重要である

『起業は意志が10割』(守屋 実 著、講談社)は、起業や新規事業創出に対するさまざまな不安や疑問に答え、実際に新たな事業を生み出そうとしている人をサポートするために書かれたのだそうです。

コロナ禍により多くの物事が激変するなか、起業という手段を選ぶことにはリスクが伴うようにも思えます。

しかし、まったく予測ができない社会になったいまだからこそ、「起業」について書きたいと強く思ったというのです。

8|国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」、サービス提供開始の発表

株式会社みんなの銀行がスマートフォン専用アプリを一般公開し、個人ユーザーを対象とした口座開設の受付を開始したことを発表した。

口座開設はスマホにて「みんなの銀行アプリ」をダウンロードして必要事項を随時記入していく流れとなる。現段階の利用対象者は個人、15歳以上、日本国籍、国内居住者に限られる。

9|デジタルマーケティングとは?6つの手法や成功事例をわかりやすく徹底解説!

IT化により、WebサイトやSNSを通したオンラインでのマーケティングの需要が増加しています。

そこで、マーケティングの中でも、デジタルマーケティングについて気になってはいるものの

・具体的な施策や仕事内容が何かわからない
・Webマーケティングとの違いがはっきりしない

というビジネスリーダーの方もいると思います。

そこで今回はデジタルマーケティングの手法や成功事例を解説します。

10|ITエンジニアの9割が「MacよりWindowsを使いたい」 TECH Street調査公表

転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリアが運営するIT・テクノロジー人材のための社会人コミュニティ「TECH Street」は、日本全国のITエンジニア403名を対象に「理想の開発環境に関するツール・サービス調査」を行い、結果を公表した。(一部抜粋)