企業経営とマーケティングは切っても切り離せない存在です。そのため企業はマーケティングスタッフを雇用していますが、一部の企業ではマーケティングコンサルタントに外部委託しています。マーケティングをコンサルタントに委託することで、企業が得られるメリットは次の通りです。

  • 企業に不足している専門的な知識やスキルを得られる
  • 企業が抱えている課題に対しての新たな視点を得ること
  • 企業は商品開発など自社の強みである業務に集中できる

本稿では以上の利点があるマーケティングコンサルタントについてご紹介します。

マーケティングとコンサルタントの違いとは

マーケティングとコンサルティングは厳密に区別できるものではありませんが、顧客の課題を解決することを目指しています。

マーケティングは「プロダクトをどう売るか」の手段と戦略を立てます。これに対し、コンサルタントは「事業活動全体の中のプロダクトについて考える」といったイメージです。

マーケティングコンサルタントの仕事内容

マーケティングコンサルタントの仕事はクライアントと協力して、マーケティング戦略の作成や実行、再実行を通じて企業利益を向上させることです。そのため下記のような質問と向き合う機会が多いです。

  • 顧客が求めるプロダクトは何か
  • どのような方法で顧客にその情報を届けるか
  • 顧客がプロダクトの価値を感じられるようにするためには
  • これらを実現するマーケティング戦略とは何か
  • そもそもその商品をその企業が売る必要があるのか

以上のようにマーケティングコンサルタントは「クライアントの商品を売る必要があるのか」から「売るためのマーケティング戦略とは何か」を考え、アドバイスする仕事と言えます。

[PR]ビシネスニュースアプリ「INFOHUB」をダウンロードしよう


マーケティングコンサルタントに必要なスキル

マーケティングコンサルタントの仕事のゴールはクライアントが抱える課題解決や、顧客にプロダクトの価値を感じてもらうことです。これらを達成するために必要なスキルの一例をご紹介します。

特定のマーケティング手法における深い知識

マーケティングコンサルタントは「その存在に価値がある」と思ってもらわなければ仕事になりません。そのため特定の分野におけるマーケティングを自分のものにすることが求められるでしょう。

マーケティングコンサルタントに求められるスキルは次の通りです。

  • Webマーケティング
  • SEOや広告などのキャンペーン管理
  • ソーシャルメディア運用
  • マーケティング施策の成功事例と失敗事例の理解
  • 最新事例やスキルなど自主的な学習姿勢 など

アート思考とデータ思考

マーケティングコンサルタントの仕事の多くは分析です。顧客や市場をデータを通じて理解しつつ、求められる施策を柔軟に遂行する必要があります。またその施策はアート思考によって生み出されます。データだけでなく顧客が「私の求めるものはこれだった!」と思うようなアートシンキングが必要なのです。

マーケティングコンサルタントに求められる思考は次の通りです。

  • アート思考
  • 課題解決思考
  • 目先の利益でなくブランドを作っていく思考
  • マーケティング戦略の結果分析と再修正する思考
  • クライアントにマーケティング企画提案する思考 など

アート思考とは自ら問いを立て、自らの思考で答えを出す考え方です。アート思考を実現するためには、問いを立て柔軟に答えを導き出し、その答えを実現する必要があります。

企業と密接に連携できるコミュニケーション能力

マーケティングコンサルタントは自社外のクライアントと仕事をする機会がほとんどです。そのためスムーズな連携を通じて、目的の達成に励まなければなりません。

マーケティングコンサルタントに求められるコミュニーケーション能力は次の通りです。

  • ビジネスマナー
  • チームワーク
  • 柔軟性と協調性
  • 分からないことを質問する力
  • 創造的な思考 など

マーケティングコンサルタントとして成功するには

マーケティングコンサルタントは小手先のテクニックだけでは通用しません。なぜならクライアントが経営のプロであり、顧客はプロダクトを選ぶプロだからです。そのためマーケティングコンサルタントとして成功するためには、次のような心持ちや、姿勢が必要でしょう。

フレームワークに囚われないこと

マーケティングコンサルタントの仕事は製品作りから、顧客が満足するまで多岐に渡る仕事をこなします。そのため守備範囲が広いです。また長い間、開発されてきた4PやUSPなどの多くのフレームワークがあります。

マーケティングフレームワークの利用には、思考の整理やステークホルダーに説明がしやすいという利点があります。しかしフレームワークを利用したマーケティング戦略だけでは、事業の成長やイノベーションが起こせないこともあります。そのためフレームワークに囚われず、柔軟な発想で顧客と向き合うことが求められるでしょう。

芸人になること

マーケティングコンサルタントは常に結果を求められる究極の客商売です。その意味では会計士や弁護士などの士業と通じるところがあるでしょう。異なる点があるとすればマーケティングコンサルタントはチームで働くことでしょう。

チームワークを活かし、クライアントの抱える課題や顧客が望むものに対して、愚直に向き合う必要があります。またコンサルタントは自分が知っていないことも、知っているように振舞う芸人になる必要があります。これらを通じてマーケティングコンサルティングのプロとして顧客から信頼されるのです。

テックやファイナンスにも強くなること

経営とマーケティングは表裏一体です。そのためマーケティング以外の経営やテクノロジー、ファイナンスに通じている方が有利です。マーケティングコンサルタントは経営に関わる人だけでなく、多くの人と関わる機会があります。従ってマーケティング分野のみならず、周辺知識の習得に励むことが求められます。

また多くの企業は業績をKPI化しています。そのため自らが行ったマーケティング戦略をこれに基づいて説明することが出来れば信頼が得られます。

まとめ

本稿ではマーケティングコンサルタントの仕事や役割について紹介してきました。マーケティングは企業の成長に欠かせません。企業の成長を支えるマーケティングコンサルタントはやりがいの多い仕事です。しかし「これ」といった正解がない中で成果を上げ続ける必要があります。そのため伝統的なマーケティングを学ぶだけでなく、柔軟なアイデアで顧客の役に立っていく必要があるでしょう。